転職コラム | 関西で登録販売者の求人をお探しなら、ツナガリキャリア 登録販売者転職

お電話でも受付OK!072-879-5101 受付時間月-金:9:00〜20:00

簡単60秒で完了!

無料で登録する

閲覧履歴

あなたにあった企業を
ツナガリキャリアで見つけてください!

検討中

あなたにあった企業を
ツナガリキャリアで見つけてください!

検討中

あなたにあった企業を
ツナガリキャリアで見つけてください!

閲覧履歴

あなたにあった企業を
ツナガリキャリアで見つけてください!

転職コラム

登録販売者のことをもっと詳しく知りたい、スキルアップしたい、働き方を変えてみたい。そんな皆様へ、登録販売者のお仕事に関する情報から転職ノウハウまで、役立つ情報をお届けします。

【登録販売者のスキルアップ】試験勉強と実務の違いと試験勉強の活かし方

【登録販売者のスキルアップ】試験勉強と実務の違いと試験勉強の活かし方

登録販売者の資格試験に合格し、いざ医薬品販売に携わってみると「あれ?勉強したことと違う!」と思ったことはありませんか?実際、試験勉強で得た知識がそのまま実務に活きるわけではありません。お客様に適切な医薬品を提供するためには、試験勉強で得た知識と、実務で必要とされる知識やスキルの両面が重要です。今回は、【登録販売者の資格試験勉強と実務の違い】と【試験勉強の実務への活かし方】を解説します。

セルフメディケーション推進における登録販売者の役割

セルフメディケーション推進における登録販売者の役割

登録販売者制度施行以降、登録販売者は一般用医薬品(2類・3類)販売を通してセルフメディケーションの一助を担っています。「セルフメディケーション」という言葉や概念は現在の日本社会に浸透し、多くの方が実践されている状況にあると思いますが、正しいセルフメディケーション推進のために登録販売者として何ができるのかについて、今回は詳しく解説していきます。

登録販売者のボーナス事情 ボーナスアップのためにできること

登録販売者のボーナス事情 ボーナスアップのためにできること

登録販売者制度が施行されてから15年ほど経ち、業種や雇用形態で違いはありますが、現在の登録販売者の大体の平均年収や時給、資格手当などがわかってきました。では、登録販売者のボーナスはどうなのでしょう。今回は【登録販売者のボーナス事情とボーナスアップのためにできること】をご紹介します。

登録販売者がドラッグストアで健康食品を販売するときのポイント

登録販売者がドラッグストアで健康食品を販売するときのポイント

健康寿命延伸のためのセルフケア・セルフメディケーションが国の政策として打ち出されており、セルフケアの一環として健康食品が注目されています。ドラッグストアには数多くの健康食品が販売されており、登録販売者が健康食品についてお客様から質問される場面も多いかと思います。そこで、今回は【ドラッグストアで健康食品を販売するときのポイント】を解説します。

【登録販売者の接客ノウハウ】お客様にどんな質問をするとよい?

【登録販売者の接客ノウハウ】お客様にどんな質問をするとよい?

接客にはいくつかのパターンがあり、同じ業種でも接客の仕方は異なります。就業先の企業によって接客方針は異なると思いますが、登録販売者にはどのような接客が求められているのでしょうか。登録販売者は一般用医薬品(2類・3類)の販売資格ですので、今回は、医薬品販売時の接客のポイントやお客様への質問内容をご紹介します。

【登録販売者のマネジメント】ドラッグストアの上手なシフトの組み方

【登録販売者のマネジメント】ドラッグストアの上手なシフトの組み方

シフト管理は、店舗を円滑に運営していく上で重要な役割を果たします。シフト管理を任されている登録販売者は、毎月大変な思いをされているのではないでしょうか。パズルのようなシフト作成を少しでもスムーズに行えるよう、今回の記事では「これで解決!ドラッグストアの上手なシフトの組み方」をご紹介します。

【ドラッグストアのクレーム対応】よくあるクレーム内容と対策をご紹介

【ドラッグストアのクレーム対応】よくあるクレーム内容と対策をご紹介

接客業にクレームはつきものですが、ドラッグストアにおいてもクレームは度々あります。これからドラッグストアに勤務しようとしている登録販売者や、お客様からのクレームに対してどう対応していいかわからない方に向けて、今回は実例も込みで「ドラッグストアのクレーム内容と対応・対策」をご紹介いたします。

登録販売者のスキルアップにおすすめの資格7選!

登録販売者のスキルアップにおすすめの資格7選!

登録販売者は一般用医薬品に関する資格です。ですが、小売業に従事している登録販売者は、医薬品販売は業務の一部であって、その他様々な商品知識や販売スキルが必要だと実感していると思います。今回は、「スキルアップのために資格を取得したい」「転職に備えて業務に役立つ資格を取得したい」「これから登録販売者として働こうと考えている」そんな方におすすめの資格7選をご紹介します。(※情報は2024年1月時点のものです。最新情報は必ずサイト等でご確認をお願いします)

登録販売者が「転勤あり」の職場・職種で働くメリット

登録販売者が「転勤あり」の職場・職種で働くメリット

登録販売者として就職しようとする際、大手ドラッグストアなどの「転居を伴う転勤あり」の職場と、全国展開していないドラッグストアや調剤薬局、コールセンターや配置薬営業などの「転居を伴う転勤なし」の職場があります。どちらの職場にもメリット・デメリットがありますが、今回は登録販売者の「転勤あり」の働き方とそのメリットについて、詳しくご紹介していきます。

会社を辞めるとき何する?登録販売者が退職する際の手続き・流れ

会社を辞めるとき何する?登録販売者が退職する際の手続き・流れ

会社を退職するということは、新たなチャレンジやキャリアチェンジを迎える第一歩です。登録販売者としての経験を積んだあなたが、円滑な退職プロセスを行い、登録販売者を続けるにしても辞めるにしても、前向きに次のステップを踏めるように【登録販売者が退職する際の手続き・流れ】をご紹介します。転職や退職を考えている方はご参考ください。

ドラッグストアの万引き対策!登録販売者にできることとは?

ドラッグストアの万引き対策!登録販売者にできることとは?

ドラッグストアは生活必需品や医薬品、化粧品など数多くの商品を取り扱っています。中には高額な商品もあり、サイズ的にも小型の商品も多いので、万引きには注意する必要があります。また、万引きは店舗に損害を与える犯罪行為ですので、見過ごすわけにはいきません。そこで、今回は【登録販売者必見!ドラッグストアの万引き対策】をご紹介します。

登録販売者も注目!ドラッグストアの店舗集客アップに導く手法

登録販売者も注目!ドラッグストアの店舗集客アップに導く手法

近年、ドラッグストアの市場競争は激しくなっており、同業間での競争はもちろん、スーパーやコンビニエンスストアとの競争も意識しなくてはならず、お客様に多くご来店いただくためには独自の戦略が求められます。また、ドラッグストア全店での基本戦略は必要ですが、各店舗での細かい戦略も必要です。今回は、登録販売者も気になる「ドラッグストアの店舗集客のポイント」に焦点を当て、お客様との深いつながりを築く戦略を考えてみます。

登録販売者の外部研修(継続研修)とは?必要なの?受講により得られることも解説

登録販売者の外部研修(継続研修)とは?必要なの?受講により得られることも解説

登録販売者は一般用医薬品を販売するために必要な資格です。身体に対して薬理効果をもたらす商品を販売するわけですから、販売する側は知識のアップデートが不可欠です。外部研修(継続研修)はその一環を担い、知識やスキルの向上につながるものです。今回は、追加的研修にも触れつつ、登録販売者の外部研修(継続研修)について詳しくご説明します。

接客スキルを上げる!登録販売者の「接客ノート」の活用法

接客スキルを上げる!登録販売者の「接客ノート」の活用法

登録販売者の皆さんは「接客ノート」を活用していますか?「接客ノート」は小売業だけでなく、様々な業界で活用されています。登録販売者としての医薬品販売での接客は、お客様の健康に直接影響を及ぼすため、専門知識だけでなく、優れた接客スキルも求められます。今回は、登録販売者が接客スキルを向上させるために、接客ノートを活用する方法についてご紹介していきます。

登録販売者のよくある転職失敗例と転職成功へのポイント

登録販売者のよくある転職失敗例と転職成功へのポイント

ドラッグストア、調剤薬局、コンビニエンスストア、製薬会社などで働く登録販売者は、薬学の知識を活かし、お客様の健康を支える役割を果たしています。日々の業務を行う中で、様々な理由から転職を考える登録販売者も少なくないでしょう。しかし、転職は慎重に行うことが重要ですので、今回は【登録販売者のよくある転職失敗例と成功へのポイント】をご紹介します。

ドラッグストアの店長は大変?仕事がきつい時の乗り越え方

ドラッグストアの店長は大変?仕事がきつい時の乗り越え方

ドラッグストアの店長の仕事は多岐にわたり、店舗全体の運営と管理に関する広範な責任を負い、様々なストレスを感じることも多い仕事です。登録販売者のキャリアとして、店長職は1つの指標ですが、一般職とは役割や責任が異なるため不安を感じる方もいるかもしれません。今回は、店長職は何が大変なのかにフォーカスして、【ドラッグストアの店長は大変?仕事がきつい時の乗り越え方】についてお伝えします。

今取り組むべき【受診勧奨】で登録販売者が実践できる内容とは?

今取り組むべき【受診勧奨】で登録販売者が実践できる内容とは?

登録販売者として働かれている皆様は、「受診勧奨をするべき基準」をお持ちでしょうか。 不調を抱えるお客様に対して、登録販売者は一般用医薬品(OTC)の販売や説明を通じて接しますので、セルフメディケーションの窓口的な役割をはたします。 この役割は登録販売者として重要ですが、時に、重大な疾患が隠れていないか、市販薬で対応不可能ではないかなど、相談応需とともにお客様の状況を判断し、受診勧奨を行うことも登録販売者が担う重要な役割です。今回は、登録販売者が「受診勧奨」を行う際に実践できる内容を考えてみましょう。

実務に活かす!登録販売者の薬の成分の覚え方

実務に活かす!登録販売者の薬の成分の覚え方

薬の成分は、登録販売者にとって非常に重要な知識の一つです。正しい成分情報をお客様にご提供することは、商品の選択やアドバイスの信頼性を高める上で欠かせません。しかし、膨大な成分情報を覚えるのは簡単なことではありません。そこで今回は、登録販売者が実務に活かすための「薬の成分を覚える方法」についてご説明していきます。

関西の登録販売者求人が多数!

求人を検索する